【浦島坂田船の日常】第3話の感想!転校生部って何をする部活?

浦島坂田船の日常

この記事は「【浦島坂田船の日常】第3話の感想!転校生部って何をする部活?」についてかいています。

無事、転校生部がみとめられ、活動できるようになった4人。

転校生部って何をする部活?志麻が部室をコーディネート?

第3話をみた感想をまとめてみました!

 

【浦島坂田船の日常】第3話のネタバレ!転校生部って何をする部活?

うらた、坂田、センラが転校生部の部室にむかって歩いています。

センラは部室に入って驚きました。部室はコタツが置いてあったり、誰かの家のように変わっています。

部室にトラップが!

次の瞬間、うらた、センラ、坂田が次々に姿を消していきます。

これをやったのは志麻でした。3人は口々に不満をもらします。

こたつに入りながら、3人は志麻にどうしてこんな部室にしてしまったのか説明を求めます。部長のうらた以外はこのコタツに満足そう。。。センラはみかんをモグモグ。。。

「秘密基地をつくってみたかった」と笑顔で志麻。かわいいですねぇ~。

その横で坂田はゲームをやりはじめます。

 

うらたは志麻に片づけを要求

部長のうらたは「コタツ、ゲームは×」と片付けを志麻に要求します。なぜか、パンチングマシーンや千手観音、雑草などもあるのですがうらたは全て×をだします。

うらたが唯一ニコニコ笑顔になったのは「ネコ」。でも我に返って返してこいと志麻に指示。

片づけが終わりやっと部室らしくなりました。志麻が用意したものはほとんどなくなってしまいました。志麻は秘密基地をつくれなかったことに落胆します。

うらたやセンラは校則違反や部活動停止になったらこまるということを志麻にいいきかせ、坂田は部活に必要なものならいいんじゃないのといっています。

 

転校生部って何をする部活?

と、ここでセンラが転校生部って何をする部活なのかと気がつきます。

うらたは一瞬かんがえてひらめきます。「活動内容をさがすことでいいんじゃないか?」

これで、転校生部の活動内容はきまりました!。

第3話はここまで!

 

【浦島坂田船の日常】第3話の感想は?

部室もできあがり、転校生部の活動内容もいよいよきまりました。

「活動内容を探す部活」ってすごいですよね(汗)ゆるさが浦島坂田船らしい。

部長のうらたがいるおかげで、3人のゆるさにほどよく歯止めがかかっていて、うらたの存在感がましています(*^-^*)

そんなしっかりもののうらたですが、ネコにはめっぽう弱いんですね~かわいかった♪

 

【浦島坂田船の日常】第3話をみた声は?

Twitterから第3話をみた感想を集めてみました。

【浦島坂田船の日常】第3話の感想!転校生部って何をする部活? まとめ

第3話では転校生部の活動内容がきまりました。

活動内容を探す部活ということで、毎回ドタバタしそうな予感がします。

第4話も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました